追蹤
四葉幻想天空
關於部落格
いつか 夢の 近くまで行けるのかな
  • 14564

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

亀梨帝劇 田中と中丸が出演「勝運」トリオ

 「ドリームボーイズ」の初演は04年。ほぼ毎年上演され、亀梨が07年から単独主演しているが、田中は3年ぶり、中丸は5年ぶりに出演となる。
 
 座長の亀梨は、同じKAT-TUN2人の参加に「同じグループのメンバーと同じ舞台に立つことは今後きっとないでしょうし、貴重な時間になると思います。帝劇100周年記念公演として、このキャストがスペシャルです」と胸を張った。
 
 あくまでも同舞台限定だが、3人はグループ名にあやかり、スペシャルユニット「勝運」を“結成”した。「勝」と「運」を名前に込めて世界に勇気を届けたいと、ジャニー喜多川社長が命名した。メンバーはKAT-TUNを結成した10年前、グループ名の由来を「めくればめくるほど物語が出てくるカートゥーン(漫画の英訳)と勝っていく運があるグループ」と聞かされたという。
 
 中丸は「KAT-TUN3人ならではの内容にしつつ、前向きになれる充実した内容にしたい」。田中は「本当に改名するわけじゃないけど、帝劇から笑顔を広げて、勝ちを運べれば」と気を引き締めた。
 
 100周年記念公演にふさわしく、内容もスケールアップ。上海雑技団から指導者を招き、亀梨は新しいフライングの習得に取り組む。フライングを習得後は舞台前に約1週間練習していたが、新しいフライング習得には1カ月を費やす予定だ。亀梨は「100周年にふさわしいもので、見どころの1つにしたい。野球でついた筋肉が邪魔になるので、肉体改造もしないと」と意気込んでいる。
 
 KAT-TUNは今年5周年。全国5大ドームをまわる記念ツアーは、東日本大震災の影響から延期が決定した。亀梨は「気持ちの中では、この舞台がグループにとって、5周年記念の第1弾、というのもあります。3人でグループを背負って出てきているし、お客さまの前に立てることが喜びなので」。3人は舞台に立てる喜びをかみしめながら、グループと帝劇の記念公演に向けて全力を注ぐ。【近藤由美子】
 [2011年6月15日10時12分 紙面から]
消息來源: http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110615-790639.html
 

KAT-TUN3人で「勝運」結成

KAT-TUN亀梨和也(25)主演舞台「ドリームボーイズ」(9月3日開幕、東京・帝国劇場)に、同じKAT-TUN田中聖(25)と中丸雄一(27)が出演することが14日、製作会見で発表された。同舞台は帝劇100周年記念公演。3人のスペシャルタッグは「勝運(かつうん)」と命名された。

 「ドリームボーイズ」の初演は04年。ほぼ毎年上演され、亀梨が07年から単独主演しているが、田中は3年ぶり、中丸は5年ぶりの出演。亀梨は「メンバーと同じ舞台に立つことは今後ないでしょうし、貴重。このキャストがスペシャル」と胸を張った。同舞台限定で3人はグループ名にあやかり、スペシャルユニット「勝運」を“結成”。「勝」と「運」を名前に込め世界に勇気を届けたいとジャニー喜多川社長が命名した。中丸は「KAT-TUN3人ならではの内容にしつつ、前向きになれる充実した内容にしたい」。田中は「本当に改名するわけじゃないけど、帝劇から笑顔を広げて、勝ちを運べれば」と気を引き締めた。
 [2011年6月15日12時34分]
消息來源: http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110615-790469.html
 

KAT-TUN改名!?期間限定で「勝運」

KAT-TUN(カトゥーン)が改名!? 同グループの亀梨和也(25)が14日、都内で主演舞台「DREAM BOYS」(9月3~25日、東京・丸の内の帝国劇場)の会見を開いた。共演するメンバーの田中聖(25)、中丸雄一(27)の3人で同公演内の限定ユニット「勝運(かつうん)」を結成すると発表。亀梨は「帝劇から元気や勇気を届けたい」と張り切っている。

東日本大震災に見舞われた日本に、“勝つ運”を注入する!

 会見には主演の亀梨と田中、中丸が勢ぞろい。“公演限定”ユニットの名称について、亀梨は「日本が被災している状況で、帝劇から勝つ運を届けたい」と説明した。
 
 2001年のグループ結成時に「KAT-TUN」と名付けたのは、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。亀梨の「K」や当時メンバーで昨年脱退した赤西仁(26)の「A」など6人組のイニシャルを取ったが、命名当時から「『勝つ運』があるグループに」との喜多川社長の願いも込められていた。

 KAT-TUNは被災地を激励する目的で今月10日に福島県郡山市内で地元FMラジオ局の公開収録に臨むなど、被災地支援に対する思いは強い。個人で支援物資を届けたこともある田中は「『勝つ運』は生きていく上で必要なこと。笑顔とか勇気を運びたい」と力を込めた。
 
 被災地支援だけではない。同作は04年初演で昨年を除き毎年上演されているが、今年は帝劇開場100周年記念公演。さらにグループ結成10周年、06年のメジャーデビューから5周年が重なり記念ずくめの公演だ。亀梨は「帝劇100周年にふさわしい内容を盛り込む。新たなフライングにも挑戦したい」と、例年以上に気合が入る。
 
 歌あり踊りあり、肉体美を見せるボクシングシーンなどは例年と同じだが、見せ場のフライングについては今年初めて中国雑技団の関係者を演技指導に招き、アクロバット演技の進化を目指す。
 
 亀梨は滝沢秀明(29)が主演した初演から全公演に出演し、07年から主演に。田中は08年以来、中丸は06年以来の出演で、3人が同作の軸となるのは今回が初めて。絆が強い3本の矢でエンターテインメント界を勝ち進む。
消息來源: http://www.sanspo.com/geino/news/110615/gng1106150505001-n1.htm
 

KAT―TUN改め「勝運(かつうん)」…舞台公演限定でジャニー社長命名

東京・帝国劇場ミュージカル「DREAM BOYS」(9月3~25日、作・演出ジャニー喜多川)の製作発表が14日、都内で行われ、KAT―TUNの亀梨和也(25)、田中聖(25)、中丸雄一(27)ら出演者が会見した。3人は同公演限定でグループ名を漢字の「勝運」と改名。震災に「勝つ」という思いを込めて、日本全国へ勇気と元気を発信することを誓った。

 「勝運」は、今回の作・演出も手掛けるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の命名。10年前のグループ結成時、KAT―TUNの隠れた意味として、メンバーには「何事があっても勝つんだ」と伝えていたが、公式に使われることはなかった。
 
 しかし、2年ぶりとなる今回の公演限定で「勝運」の封印を解く。東日本大震災からの復興への思いが強く込められている。苦難にも勝運―。亀梨は「改めて勝つんだという思いです」。田中と中丸は会見の直前に改名プランを聞き、驚きを隠せない様子だったが、「舞台から笑顔や勇気を運べれば」(田中)と意気込みを語った。
 
 同公演は04年に滝沢秀明、KAT―TUN、関ジャニ∞で初演。以来、KAT―TUNはメンバー全員や亀梨、田中の2人、亀梨の単独主演などで舞台を飾ってきたが、2年ぶりの今回は初めて3人で行う。さらに今年は帝劇100周年公演の栄誉も受け、亀梨は今回初めて中国の雑技団を招いて、スケールアップしたフライングに挑戦。日本テレビ系「Going!」で野球づいている亀梨は「野球の筋肉になっているのでフライングのときに邪魔になる。実用的な体にしないと」と肉体改造へ意欲を見せた。
 
舞台は、アイドルグループを解散した後の3人の生きざまを描く物語。「10Battles」と題し、共演の鳳蘭(65)、真琴つばさ(46)の元宝塚対決、田中と弟のジャニーズJr.田中樹(15)の兄弟対決など10の対決も見物となる。亀梨は「ケンカもよくしたし、デビューの話を聞かされたのも帝劇。ホームグラウンドみたいなもの。僕らも5周年で同じく区切りを迎えるというのは不思議な縁を感じます」と大舞台へ闘志を燃やしていた。
 
 ◆5周年公演代替検討中 デビュー5周年を迎えるKAT―TUNだが、記念の5大ドームツアーが震災の影響で来年以降に延期された。現在はメンバー同士で年内に代替のイベントを話し合っているという。亀梨は「一番多くのファンと触れ合える方法を模索しています。限定せずにいろんな所も回りたいが、できる限りのことはしたい」と話した。
消息來源: http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110614-OHT1T00296.htm

KAT―TUN改名!中丸「僕たちもびっくり」

「KAT―TUN」の亀梨和也(25)主演舞台「ドリームボーイズ」(9月3日初日、東京・帝国劇場)の製作発表が14日、都内で行われた。

 今年は田中聖(25)中丸雄一(27)が共演し、公演期間限定で「KAT―TUN」を「勝運(かつうん)」に改名することを発表。3人はこの日朝、ジャニー喜多川社長から聞かされたといい、中丸は「僕たちもびっくり。笑顔を広げていければ」。亀梨は「もともとグループ名には“勝運”という意味も込められている。震災でダメージが残る中、帝劇から運を発信していきたい」と意気込んだ。

 田中の弟でジャニーズJrの樹(じゅり、15)も出演。ライブ以外で初共演となる田中は「やりにくいですね」と苦笑いした。
消息來源: http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/15/kiji/K20110615001018970.html

亀梨ビックリ!ユニット改名「勝運」

人気アイドルグループ・KAT‐TUNが9月に東京・帝国劇場で上演される亀梨和也(25)主演のミュージカル「DREAM BOYS」(9月3~25日)の公演限定で「勝運(かつうん)」と改名することが14日、分かった。都内で行われた会見で発表された。

 若者たちの葛藤や友情を描いた今作は、09年10月以来の再演で、帝劇100周年記念公演。メンバーの田中聖(25)が3年ぶり、中丸雄一(27)が5年ぶりに出演し、KAT‐TUN5人のうち3人が出演する。
 
 「KAT‐TUN」のユニット名はメンバーの名前の頭文字に加え、「カートゥーン(漫画)のようにめくるほどストーリーが出る」「何ごとにも勝っていく運(勝運)がある」という意味で10年前に命名された。
 
この日、突然“限定改名”を知らされた3人は驚きながら、「日本がこういう状況ですから、自分たちができることを帝劇から発信したい」(亀梨)、「笑顔や力を広げ、勝ちを運べればという意味もある」(田中)と“勝運”としての意気込みを明かした。中国の雑技団を招いて開発する亀梨の新フライングなどの見せ場もあるという。女優・鳳蘭、真琴つばさも出演する。
消息來源: http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/15/0004172772.shtml

亀梨ビックリ KAT-TUN改め勝運 ミュージカル「DREAM BOYS」

KAT-TUNの亀梨和也(25)主演で、9月3-25日に東京・帝国劇場で上演される人気ミュージカル「DREAM BOYS」の製作発表が14日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われ、同グループの田中聖(25)、中丸雄一(27)が共演することが発表された。

 帝劇開場100周年のスペシャル企画として、5人中3人が出演するKAT-TUNは「勝運」という公演限定ネーミングが付けられた。作・構成・演出を手掛けるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の発案。この日の朝に説明されたという3人は「僕らもびっくり」と目を丸くした。
 
 亀梨によると「10年前の結成時に『勝つ運、何があっても勝つグループでいてほしい』と言われたんです」。中丸は「震災があり、日本中が頑張ろうという気持ちになっているのもあって…という説明がありました」と明かし、亀梨は「改名でも、3人のユニットでもないですよ。誤解しないでください!」とファンを気遣っていた。
 
 物語は、アイドルグループを解散し目的を見失ったカズヤ(亀梨)、ボクサーとしてチャンプに上り詰めたコウキ(田中)、ミュージシャンとして成功を目指すナカマル(中丸)-という3人の交差する運命を描く。
 
 テーマは「10Battles」。亀梨と田中のボクシング対決、田中のラップと中丸のボイスパーカッションの対決のほか、田中が実弟でジャニーズJr.の田中樹(じゅり=16)とバトルするシーンも。田中は「ホーム感がハンパなくて逆にアウェー感がある。申し訳ない気持ち」と照れていた。
 
 多彩なフライングが目玉だが、亀梨は「新しいフライングに挑戦する」と宣言。7月末から都内の倉庫で、中国雑伎団のインストラクターを招いてけいこに入る予定。スポーツニュースのキャスターとして野球をする仕事も多いため、「右腕に筋肉がつきすぎた。フライングでは邪魔になるのでしぼっていかないと」と苦笑いしていた。
 
◆KAT-TUNの成長 共演女優陣も感激!
 女優陣は過去にも共演した鳳蘭(65)、真琴つばさ(46)が出演。鳳は亀梨を「前回、私のファンの人たちがよだれをたらして『セクシー』って。清潔なセクシー感がすてき」とほめたたえた。真琴も初対面のころを振り返り「7年くらいの歳月で、何がこんなに大人っぽくしたんだろう。特に中丸君がしっかりしてて!」と感激していた。
消息來源: http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011061502000082.html
相簿設定
標籤設定
相簿狀態