追蹤
四葉幻想天空
關於部落格
いつか 夢の 近くまで行けるのかな
  • 14623

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

<妖怪人間ベム>亀梨和也主演ドラマが初回視聴率18.9%の好スタート 瞬間最高は22.9%


亀梨主演『妖怪人間』、初回視聴率18.9%で好発進

KAT-TUNの亀梨和也主演の新ドラマ『妖怪人間ベム』(毎週土曜 後9:00~ 日本テレビ系)の初回(22日放送)が平均視聴率18.9%、瞬間最高視聴率は22.9%を記録した(ビデオリサーチ・関東調べ)。昭和の名作アニメとして知られる同作の実写化は放送前より大きな話題を集めていたが、そのプレッシャーをはねのけ好スタートを切った。

原作は醜い妖怪の姿をしたベム、ベラ、ベロが時に人間を守り、時にその容姿から理由もなく迫害され、それでも人間界のために悪と戦い続ける“闇のヒーロー”たちの姿を描いた昭和史に残るTVアニメの名作。ドラマ版はベムに亀梨、キツい言葉や態度の裏側に優しさを持つベラに杏、そして人間と仲良くなりたいと願うベロを人気子役・鈴木福が演じている。

 1968年にTVアニメとして放送され、初回放送から43年を経てついに実写で復活となった同作。今後、さらなる視聴率の躍進が期待される。
消息來源:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000304-oric-ent

亀梨ベム 初回18・9%の好スタート

22日にスタートした「KAT―TUN」の亀梨和也(25)主演の日本テレビ系連続ドラマ「妖怪人間ベム」(土曜後9・00)の初回平均視聴率が18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。高視聴率連発の今期ドラマの中でも「南極大陸」(初回22・2%)、「相棒10」(初回19・7%)「家政婦のミタ」(初回19・5%)に続く、4番手の好スタートを切った。 初回は15分拡大で放送された。

 同作は68年10月から69年3月までフジテレビで放送され、最高視聴率は20%超(関東地区、ビデオリサーチ)を記録したテレビアニメの実写ドラマ化。正義の心を持った妖怪人間のベム、ベラ、ベロが「人間になりたい!」と願い、人間のために悪と闘う“闇のヒーロー”物語で、妖怪人間のベムを亀梨が、女性の姿をしたベラを杏(25)が、子供姿のベロを鈴木福(7)がそれぞれ演じている。ドラマ版の舞台は現代となる。共演は、柄本明(62)、北村一輝(42)ら。

 前クール(7~9月期)の同枠ドラマ「ドン★キホーテ」(松田翔太主演)は初回平均視聴率11・7%、全話平均で12・8%だった。
消息來源:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000070-spnannex-ent
 

亀梨和也「ふりふりのワンピースは、皆似ているように見えて苦手」

ドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)で妖怪役を演じ、新境地を開拓中のKAT-TUN・亀梨和也さん。そんな彼は、ファッションでは「ひと手間加えたがり」だと語る。

「ハイブランドの洋服ならドレスダウンしたいし、コンビニで買ったTシャツもカットしたり落書きしたり、カスタマイズして着たい。ヘアスタイルもそう。少しハズしや遊びがあったほうが好きかな。ただ、そこにこだわりという頑固さはないの。仕事や役柄によっては、シンプルな黒髪にするのも全然アリ」

女性のファッションに関しても、今はこだわりがないそう。しかし、フリフリのワンピースは苦手だという。

「辛口なスタイルのほうが好きだけど、それは洋服だけの問題じゃない。ふりふりのワンピースは、女を押し出し過ぎている気もするし、着ている人がみんな似ているように見えるのが苦手なんだと思う。オレはもっと『その人自身』が見たいのに、洋服というデコレーションで内面を覆い隠し過ぎだろうって思っちゃうの」

年齢を重ねたことで、表面だけでは意味がないことを知った、という亀梨さん。そして、こう続けた。

「年齢を重ねるほどに内面勝負だし、内面がともなわなければ、どれだけ高級な洋服を買っても着こなせない」
「内面を充実させて、好きな洋服が似合う自分になれたらいいなと思う」

どんな場面においても、亀梨さんがいつも輝いているのは、その内面が充実している証拠なのだろう。

【MAQUIA2011年12月号「亀カメラ」より】
消息來源:
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111024-00000301-shueishaz-ent
 

<妖怪人間ベム>主演の亀梨和也、自身最高の滑り出しに「めちゃくちゃうれしい」

人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが24日、主演を務めるドラマ「妖怪人間べム」(日本テレビ系、毎週土曜午後9時放送)が、初回平均視聴率18.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切ったことについて「たくさんの方々に見ていただけたこと本当に感謝しています。めちゃくちゃうれしいです」と喜びのコメントを発表した。亀梨さんが主演を務めた連続ドラマでは最高の滑り出しで「個性ある素晴らしい原作、そして、実写化にあたって数々の壁を力強く進んでくれているスタッフ・共演者のみんなと、引き続きチーム一丸となり、みなさんの心に残るドラマを目指して、気持ち、気合を入れて撮影に励みたいと思います。ぜひ、楽しみにしていてください」と呼びかけている。

「妖怪人間べム」は、68年に放送された同名人気アニメを実写化。「妖怪人間」として人間になることを夢見ながらも人間から恐れられ、嫌われてしまうベム(亀梨さん)、ベラ(杏さん)、ベロ(鈴木福君)の3人だったが、ふとしたことから北村一輝さん演じる刑事・夏目と家族たちとの友情が芽生える……というストーリー。瞬間最高視聴率は午後10時に記録した22.9%で、みにくい姿に変身したベムら3人と夏目が対峙(たいじ)するシーンだった。

 同枠ドラマの初回視聴率では、89年の集計開始以来歴代16位の成績で、08年4月の「ごくせん(第3期)」(26.4%)以来の高視聴率となった。河野英裕プロデューサーは、「43年前の偉大な原作を、テレビドラマ、土曜9時という枠組みの中でどう表現し、何を描くべきなのか? スタッフ・キャスト全員、それぞれのパートで何ができるのか、本気に必死に考え作り上げた作品なので、多くの方に見ていただき本当にうれしく思います」とコメントしている。
消息來源:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000025-mantan-ent
相簿設定
標籤設定
相簿狀態