追蹤
四葉幻想天空
關於部落格
いつか 夢の 近くまで行けるのかな
  • 14623

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

KAT-TUNדダメ夜”演出マッコイ斉藤の世界一ダメな対談!

KAT-TUNדダメ夜”演出マッコイ斉藤

―― まず、マッコイ斉藤さんが『KAT-TUNの世界一ダメな夜』を制作することに至った経緯を教えてください。
マッコイ 最初に「KAT-TUNと何かやりませんか?」というお話をいただいたんですが、僕、そういえばアイドルと一度も番組を作ったことないなと。KAT-TUNって、僕にとってはジャニーズ事務所の工業高校みたいなイメージだったんですよ。
田中 間違いないです(笑)。
中丸 実際、僕、工業高校でしたから。伝わったものがあったのかなと。
マッコイ 男くさい感じがね(笑)。
―― この企画があったときのKAT-TUN側の反応というのは?
亀梨 うれしかったです。新境地開拓じゃないけど、歌ったり踊ったりして、カッコつけるときは、僕らもそこを前面に出してるんですけど、それ以外も知ってもらえるなと。どっちも素なんですけどね(笑)。ライヴのMCでもそんな感じで、よくダメ出しされてますから。長い、ふざけすぎって。そういう部分をテレビで出せるのは、すごくうれしかったです。
―― 不安はなかった?
田口 何も聞かされなかったし(笑)。
田中 打ち合わせが5分で終わったんですよ。“言えない内容だから”って。
マッコイ こういう人が来るとか、まったく言わないやり方なので。5人は、不安でしょうがない顔で現場に来るんですが、それが、うれしくてしょうがないんですよ、こっちとしては(笑)。1回目で上島さんたちを覗かせたときも、上田くんがすごくいい顔をしてね。ああいうのが撮りたいんです。このロケは修学旅行だと思ってるので、旅行先の内容は、みなまで言わないほうがいい。
田口 でも僕ら不安すぎて、しょっちゅう、メンバー間でアイコンタクトしてましたよ。やってることは、ほとんど子供のいたずらですからね。
中丸 すんごい、楽しかったです!
―― バラエティ番組でのKAT-TUNメンバーの印象について、教えてください。
マッコイ 亀梨くん、田中くんはしゃべりの2トップというか、チームを両サイドからつっこんで成立させる人だよね。田口くんは、みんなと違う方向へひとりで行ったりするから、いちばんすっとぼけた感じの人だなと。中丸くんも、笑いのツボがわかるし、上田くんは、放っておいてもおもしろくなる人。この間も、熱湯水鉄砲を渡しておいて良かったなと(笑)。漫才でいうところのボケとツッコミが、5人の中でできてるから、編集もしやすかった。あと、とんでもないドッキリにハメたらおもしろそうなのは、このふたり(田口、上田)かな。
田口・上田(ニコニコ)
―― うれしそうだ(笑)。
田中 基本的にMなんだよ(笑)。
マッコイ 年末のジャニーズのカウントダウンコンサートを観たときも、僕はKAT-TUNばっかり目で追ってました。あ、今カメラにアピールしたな、とか。決めるときはバシッと決めてて、アイドルなんだなぁと。でも僕は、工業高校の担任の教師として、今日は、みんなでおもしろい場所に行こう! みたいな感じです。基本、笑いというのは非常識なことをやりますから、それをKAT-TUNの人柄で、どう持って行くかっていう。きっとまた、すごくいい修学旅行になると思いますよ。


Profile まっこい・さいとう。演出家。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジ系)総合演出など、数々の番組演出を手掛ける。映画『上島ジェーン』では、第19回東京スポーツ映画大賞特別作品賞を受賞。

※当インタビューはエンタテインメント情報誌『オリ★スタ』4/2号に掲載。誌面ではさらにインタビュー、写真などたっぷり紹介していますのでお見逃しなく!

消息來源: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120323-00000391-orista-ent
相簿設定
標籤設定
相簿狀態